2016年12月26日

☆スタンドバイへ寄せられたアンケート結果☆

今年も残すところあとわずかとなりましたね(^^)
1年はなんだかあっという間に過ぎて行きます。
今年も色々とありがとうございました☆

会員様やこのブログをご覧になって頂けてる皆様方に支えられスタンドバイは来年も笑顔で迎えることが出来ることにスタッフ一同心より感謝の気持ちで一杯です!

スタンドバイでは働くお母様の支えになりたい!っと言う一心で病児保育を始めました。そしてこれからもたくさんの方々に知って頂き、一人でも多くの方の助けになれたら…っと思っています。

そんな中今回会員様へスタンドバイへのアンケートを勝手ながら(>.<)配布させて頂きました(^^)
そのお返事を下さったある会員様U様からのお言葉を今回はブログへ載せさせて頂きます!!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
いつもお世話になっております。
登録して、すぐ2回も利用させていただきました。


母親である私は転職したばかりの為、仕事を休みにくい状況で、私たち夫婦の親族も遠方に住んでおり、子供が病気をした時は、大変、頭を悩ませていました。以前は、施設型の病児保育施設を利用していました。子供が、病気の時に、知らない環境に預けられて、あまりお昼寝も出来ず、疲れているのを見て、何とかならないかと、ネットで調べてスタンドバイの事を知りました。


私は、子供が病気の時に、子供は自分の家にいられる方が、ゆっくり休めるだろうと、すぐ登録しようとしましたが、夫は反対していました。


初めて利用させていただいた時、私も、子供はキーパーさんに慣れてくれるか、どんなキーパーさんが来るのか、不安でした。その日は、夫の方が帰りが早かった為、夫は、キーパーさんと子供の様子を見た事で考えが変わりました。私が帰宅すると、夫が嬉しそうに〝帰って来たら、2人で楽しそうに遊んでて、キーパーさんが帰る時、Kくんが寂しそうにしてたよー〟と教えてくれました。私も安心しました。


送り迎えが無い為、私もすごく楽ですし、職場で遅刻、早退せずに働けるので肩身の狭い思いをしなくてよいので、助かっています。


この価格で100%対応はすごいと思います。まだ小さい子供はよく病気をするので、職場の人たちには迷惑をいっぱいかけます。いくら職場の人たちが優しい言葉をかけてくれても、肩身の狭い思いをします。母親が働くってこんなにも大変なのかと悩んでいました。
スタンドバイを利用させていただいて、今は仕事への影響を最小限にする事が出来ており、感謝しています。


今まで来て下さったキーパーの方は、とてもいい方で、子供も慣れていたようで、安心しました。保育中の様子を細かく記入してある文面だけでなく、口頭でも伝えて下さり、嬉しかったです。


長文になりましたが、今後もよろしくお願いいたします。



っと、すごく!すごく!温かすぎる!ご回答を頂き働くお母様の支えになりたい!とこのスタンドバイを始めたことに代表をはじめスタッフ一同すごく嬉しくなりそれと同時にこの病児保育の素晴しさを改めて実感致しました(*^^*)

初めてご利用される際はキーパーが自宅に来ることだったり大切なお子様を預けることに不安を抱かれたりとたくさんの不安や心配があるかと思います。
会員様のほとんどの方がきっとそうだったんだと思います。
が、結果喜んで頂けたとき、安心して任せられると言って頂けたとき私達もまた心のそこから病児保育をやっててよかったなと嬉しくなります(^^)

これからもスタンドバイは一人でも多くの方々を助けることが出来ればと思っています☆

すごーーく長くなりましたが…(>.<)
来年もどうぞスタンドバイをよろしくお願い致します(*^^*)
皆様よいお年を~(・∀・)  


Posted by 病児保育スタンドバイ at 19:46Comments(0)

2016年12月16日

※※2017年1月4日の連絡先について※※

今日はとても冷え込みの厳しい日になりましたね。朝は雪がちらついてました…

さて、あっという間に2016年も終わりを迎えようとしております。
1年は本当に早いものですね…

1月4日のお問い合わせにつきましては、当社都合により092-732-6128ではお取次ぎができません。
誠に申し訳ございませんが、080-3900-3452までご連絡下さい。

尚、病児保育のご依頼は通常通りHPのご入力ホームよりお願い致します。  


Posted by 病児保育スタンドバイ at 15:29Comments(0)お知らせ

2016年12月06日

☆子育て応援会☆

今日もお天気は良いのに冷たい風が吹いて外はとても寒いですね!とても乾燥していて…THE冬ですね(>_<)

さて、スタンドバイでは11月19日(土)に福岡市主催されている子育て応援会に出席してきました♪
その中でうちの熱い代表は「働くママを応援!」と自宅派遣型病児保育のことをこう熱く語られたのです。

待機児童問題対策として、保育所の増設や保育士の給与改善、女性活躍推進支援のニュースをよく目にします。確かに、保育所や保育士の不足は大きな問題ですが、保育施設に子供を預け、働くときに、最も頭が痛いのは「子供が病気になった時」かもしれません。
保育園の園長として、その辛さを目の当たりにしたことから、自宅に派遣する病児保育サービスを始めました。
「いつ子供に熱が出ても仕事にいける。」
利用者からは感謝の声が寄せられています。
このサービスが広がることで、女性の社会進出が加速することを願っています。

と…。

そんな発表を聞いていると私自身も色々確かに!っと納得することばかりでした(^^)

スタンドバイはこれからも働かれるお母様にとって便利で安心出来る病児保育を目指し、今後も利用者の方々から感謝されるよう頑張ります!!

そして、スタンドバイではお陰さまで会員様が増えキーパー(働くスタッフ)が不足して来ました…(>_<)

そこでもし病児保育にご興味ある方がいらっしゃればお気軽にご連絡下さい(^o^)/
質問でも何でもお答えします☆
よろしくお願い致します♪


スタンドバイは働くお母様を今後も応援しています(*^^*)  


Posted by 病児保育スタンドバイ at 16:38Comments(0)

2016年12月05日

※※年末年始の重要なお知らせ※※

スタンドバイでは2016年12月30日(金)~2017年1月3日(火)迄を年末年始のお休みとさせて頂きます!!
何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

例年より早くインフルエンザが流行しているのでどうぞお気を付け下さい(^^)  


Posted by 病児保育スタンドバイ at 15:49Comments(0)

2016年11月27日

巡回訪問

先日、ご依頼がありました会員様のご自宅へ保育中のご様子を巡回 ('◇')ゞ
この日の症状は38度前後のお熱。
リピーターの会員様で、彼女はご不安なくキーパーに寄り添ってくれてて可愛かったです(´▽`*)(´▽`*)(´▽`*)
検温中♡



前回のご依頼の際には、いろんなお話をたくさんしてくれましたが、この日は保育園の遠足へ行けなかった事を寂しそうにお話しされ、少しきつかったご様子もあり「ねむたい」と言って訪問20分後にはお布団で眠られました。(´ー`)
明日保育園へ行けるのを楽しみにしておられました♪♪♪

入眠




  


Posted by 病児保育スタンドバイ at 17:29Comments(0)

2016年03月13日

入会金・会費無料コースの方々のご依頼について

感染症がまだまだ流行中ですね。

 当社の病児保育のご依頼も2月から爆発的に増加し、3月になってもまだまだ多くのご依頼を受けております。

 「100%対応保障コース」の方々へのご依頼を優先させていただく関係で、無料コースの方々のご依頼には対応できない日が続いております。

 申し訳ございませんがご了承くださいませ。  


Posted by 病児保育スタンドバイ at 14:59Comments(0)お知らせ

2016年03月13日

初めてご利用された会員様より

 会員様よりアンケートにて、初めてご利用されたご感想をいただきました。

 一部をご紹介させていただきます。



 「いつもとてもよくお世話してくださるので安心してお任せしています。子どもたちもくつろいでいるようです。

 自分と自分の家族以外にも頼れる場所があることを本当に本当にありがたく、日々の安心につながっています。
 
価格も良心的に設定してあり、感謝しております。」


 
 100%対応保障により「日々の安心につながっています」というのは、当社が一番大切にしている部分です。

 今後も多くの方にこの安心感を感じてもらえるように、実績を積み重ねてまいります。

   


Posted by 病児保育スタンドバイ at 14:53Comments(0)保護者様の声

2016年03月01日

KBC「チャレンジ 福岡ネクスト」にて放送されました

報道ステーション直前のKBCの番組「チャレンジ 福岡ネクスト」にて、当社が放送されました☆

「福岡を、仕事と子育ての両立がもっとしやすい街にする!」という私(杉原)のチャレンジを、福岡市の番組でご紹介していただいた形です。

制作に当たっては、福岡市の担当の方、KBCのディレクターの方に大変お世話になりました。

そしてなんといっても、会員様で取材ご協力いただいたK様には、本当に感謝いたします。番組上では放送されませんでしたが、撮影日にご主人と奥様といろいろお話出来たことは、すごく有意義でした。
自分たちが進もうとしている道は、決して独りよがりな妄想ではなく、社会が必要としていることなんだ、と改めて感じることもできました。

お子様も超かわいかったです♪  


Posted by 病児保育スタンドバイ at 15:56Comments(0)お知らせ

2016年02月15日

初めてご利用された会員様よりご感想をいただきました

初めてご利用されたN様よりいただいたご感想をご紹介いたします。




「今日、初めて病児保育を利用させていただきました。
夫の帰宅が早かったため、キーパーさんに直接お礼が言えなかったのでメールで失礼します。

今日は一日ありがとうございました。
帰宅後、先生とたくさん遊んだよと楽しそうにお話ししてくれました。
そして細かく一日の記録も書いてくださって、本当にありがとうございました。一日の様子が手に取るようにわかり安心しました。

病気になってほしくはないですが、また次回も安心してスタンドバイさんにお願いしようと思いました。
本当に今日一日ありがとうございました。
キーパーさんによろしくお伝えくださいませ。」



「手に取るように様子がわかる保育記録」というのは、当社が目指しているところです。
今後とも、心から信頼できる自宅型の病児保育としての努力をしてまいります。
N様、ありがとうございました。  


Posted by 病児保育スタンドバイ at 13:49Comments(0)保護者様の声

2015年11月28日

授賞式  福岡市ステップアップ助成事業ビジネスプラン評価会



福岡市が行っている「ステップアップ助成事業 ビジネスプラン評価会」において、「最優秀賞」を受賞することができました。

その授賞式が27日に、スタートアップカフェにて行われました。

ベンチャーをバックアップすることに非常に熱心な福岡市。
授賞式には高島市長にも来ていただけました。



事業計画書の一次審査も非常に苦労しましたし、二次審査のプレゼンでは、福岡経済界の大御所のような方々からプレゼン後に厳しいご質問もいただきましたが、結果は最優秀賞。本当に「努力が報われた瞬間」でした。



改めて、この授賞式でもプレゼンをさせていただきました。





福岡市が「今後の発展の可能性と、その重要性」において当社を選んでいただいたいうことです。
今後は、会員様のご期待はもちろん、福岡市からのご期待にもしっかり応えてまいりたいと思います。

http://sougyou.city.fukuoka.lg.jp/modules/ouendan/index.php?content_id=91
  


Posted by 病児保育スタンドバイ at 18:35Comments(0)お知らせ

2015年10月13日

福岡市「ビジネスプラン評価会」で最優秀賞をいただきました

 朝晩はすっかり暗く、寒いと感じる日も増えてきました。

 さて、当社が設立して2年余り。
 
 この度、福岡市の「ステップアップ助成事業」にエントリーし、一次審査を通過した5社に選ばれておりました。

 10月2日に「ビジネスプラン評価会」として、「ふくや」や「やずや」の社長・会長など、福岡の経済界に大きな影響力を持つ審査の方々を目の前にしてプレゼンテーションを行う機会をいただきました。

 20分のプレゼンテーション、10分の質疑応答があり、結果的に当社が「最優秀賞」という栄冠に輝きました。
 発表していただいたときは、信じられなかったです。


 「育児と仕事の両立を考えた時に立ちはだかる『急な子どもの発熱』」

 そのための急な欠勤が発生する現実に、雇用する側さえ「小さい子どもがいるかいないか」を、ひとつのリスクとして面接時に聞かないといけない現実。

 その旧態依然とした世界を何とかしてほしいという期待感と、そしてビジネスとしての期待感。

 その両面から選んでいただいたように思います。

 11月には天神ツタヤで授賞式をしていただき、再度プレゼンテーションを行います。


 今後もいろいろな困難があることでしょう。
 スタンドバイは、その困難から謙虚に学びながら、これからも挑戦していこうと思っております。


 なお、このステップアップ助成事業へのエントリーは、以前同じく最優秀賞をとられた「リトル・ママ」の森社長からお勧めいただいたことから始まります。
 森社長あっての最優秀賞であったこと、また日々のご依頼に対応しているキーパーのみなさん、そしてキーパー管理や経理等担当しているスタッフがあっての受賞であったことを、改めてこの場でお伝えさせていただきたいです。
 本当にありがとうございます。
 今後ともよろしくお願いいたします。  


Posted by 病児保育スタンドバイ at 15:34Comments(0)お知らせ

2015年08月10日

会員様にアンケートを行いました②

会員様にお答えいただいたアンケートのご紹介の続きです。


「今後のスタンドバイにどのようなことを期待されますか。またお気づきの点ございましたら、どのようなことでもご記入ください」


*当日朝8時までの依頼で100%対応はとても心強いです。東京からの移住者ですが、同様のシステムを東京で利用する場合高額となるので、助かっています。

*緊急お迎えサービスの受付時間が16時だと助かります(現在15時まで)。

*二人目の月会費が少しでも安くなると助かります。

*先日短時間でしたが、利用しました。とても詳しく保育内容を記録してくださっており、安心できました。また子どもが体調不良の場合は利用したいです。

*最近は元気に登園しているため、以前のように利用する機会はありませんが、娘は「病気になったら先生(キーパー)来る?」と言っています。とても心強く思っています。

*入会してから何度か利用させていただいていますが、毎回本当に助かっています。入院時も利用できるのでありがたく助かりました(入院された場合の枕元での付添い代行)。ありがとうございました。法人契約もあるとホームページで拝見しましたが、歯科医院でも契約できますでしょうか。

*いつも病気の時にはとても助かっています。今後の展開として病児以外のシッターサービスを作っていただければと思います。仕事上、他社と数か所登録していますが、スタンドバイさん一本だと助かりますので。ぜひご検討ください。

*いつも丁寧に対応してくださるので、安心して子どもを預けられます。私も仕事を休むことに対して不安がなくなり、精神的にも支えられています。

*いつも急な対応にもかかわらず、すぐに対応していただきありがとうございます。ここぞという時に頼りになるスタンドバイです。料金も、内容に対してとても良心的で満足のいく価格です。キーパーさんの対応も大満足で、我が家としては適正価格だと思っています。これからもスタンドバイの運営を応援いたします!

*急な発熱時などに大変助かっています。利用を決めて本当に良かったと思っています。

*前日に念のために依頼し、朝には体調が戻りキャンセルできました。とても助かりました。

*7時半から利用でき、施設型の小児科の病児保育に比べてきめ細やかに対応していただけるので、とても満足しています。安心第一のサービスだと思いますので、スタッフの教育に力を注いでいただけると嬉しいです。

*このようなサービスを提供いただき、とてもありがたく思っています。長男の時にはなかったので、この有難味をひしひしと感じます。仕事を続けるうえで必須です!!病児保育だけでなく、送迎や自宅見守りなどのサービスもオプションであると嬉しいです。  


Posted by 病児保育スタンドバイ at 16:06Comments(0)保護者様の声

2015年07月11日

会員様にアンケートを行いました ①

 すっかり暑くなってきました。

 「病児保育」というと、インフルエンザなどが流行る冬が一番忙しいイメージがありますが、6月のご利用は過去最高となりました。

 なるべく出番がない方が会員様にとって良いわけですが、それでも出番があり、お力になることができる場面が多いと、スタンドバイとしてもお役に立てた喜びがあります。


 さて、スタンドバイでは現在の会員様にアンケートをお送りしました。

 その中でいただいたご意見やご要望、ご感想をご紹介いたします。

 まず今回は「事前訪問」のご感想のご紹介です。「事前訪問」とは、実際に会員になられる前にキーパーがご自宅にお伺いしてご説明をさせていただくものです。



 ☆ 丁寧にご説明いただき、子どもたちにも親切に接していただきました

 ☆ とても優しく子どもに話しかけてくださったのが印象的でした。そのおかげでスタンドバイさんに良い印象を持っています。

 ☆ 質問にもすべて答えていただき安心できた。

 ☆ キーパーさんの話はわかりやすく、また優しそうで子どもに話しかけてくださり、とても安心しました。

 ☆ 不安な面もありましたが、きちんと説明していただいて安心しました。

 ☆ 事前訪問の時、子どもは保育園に行っている時間で私だけでしたが、しっかり娘の性格なども聞いていただけたので、その時に信頼できる方だなと思いました。


 他にも内容が重複するものが多くありました。

 事前訪問に関して、みなさま非常によい印象をお持ちになってくださっていました。

 会員に登録するまでは、すべてメールでのやり取りとなり、この事前訪問の日時の打ち合わせもメールとなるのが一般的です。
 
 「会員になるつもりだが、初めてキーパーと会う」それが事前訪問となります。やはり緊張しますよね。「どんな人がキーパーなのか」それが一番のご不安な部分でしょう。

 そのような中で、しっかりとそれぞれの保護者の方やお子様に向きあえているのだと思います。

   


Posted by 病児保育スタンドバイ at 13:48Comments(0)保護者様の声

2015年02月23日

初めてご利用された会員様からご感想をいただきました


ご利用された会員様からメールにて、ご感想をいただけましたのでご紹介いたします。



「金曜日(2月20日)、初めて病児保育の依頼をしました。

引継ぎをして、出ていこうとするとき、息子がちょっと泣きそうになったのですが、大泣きすることもなく別れることが出来ました。

訳があり、旦那が途中いたのですが、いたって普通に遊んでいたそうで、ホッとしました。
特に、家族以外の人がいるとなかなか家で寝てくれない息子が昼寝をしていたのにはビックリしました。
それだけ息子も安心できたのだと思います。

本当にありがとうございました。
また機会があったら利用させていただきたいと思います。」




保育園登園初日、みなさんドキドキされたと思います。

自宅型病児保育を初めてご利用する日、もちろんドキドキすることでしょう。私も初めて娘の保育を自宅で他人にお願いした時は、すごく緊張しましたし、帰宅してドアを開けるときのドキドキは今でもしっかり覚えています。

その「ドキドキ」は親心。親の愛情ですよね。
その愛情をしっかり受け止めて、これからも頑張りますね。



  


Posted by 病児保育スタンドバイ at 17:55Comments(0)保護者様の声

2015年02月09日

会費を発生させずに「入会予約」が可能です

まだまだ寒いですね。インフルエンザもピークを過ぎたと言われていますが、まだまだ要注意です。インフルエンザの病児保育ご依頼も多くなっています。

さて、「よくあるご質問」に「4月から復職なのですが、今のうちに入会予約できますか。その際に会費は発生しますか」というものがございます。

ご返答として

☆ 入会予約は可能です。場合によっては(会員様が急増した場合など)ご入会を待機していただくこともありますので、確実にご入会をご希望される場合はお早めに「新規会員登録」をHPよりお願いいたします。

☆ その場合「月会費」は発生しません。あくまでも「保護者の方のご希望日より」日割り計算して初月の会費は計算します。例えば4月の10日からお仕事開始という場合は、2月に新規会員登録しても、最初の会費は「4月10日からの日割り計算されたもの」となります。


となります。


その他ご質問がございましたら、お気軽にHPの「お問い合わせはこちら」からご質問ください。  


Posted by 病児保育スタンドバイ at 18:01Comments(0)お知らせ

2015年01月20日

資料請求をリクエストされる場合


 先日FBS福岡放送の「ニュース5ちゃん」で紹介いただき、多くの反響をいただいております。

 通常は3分程度の枠だそうですが、3倍近いお時間を使って当社の病児保育に密着され、放送していただきました。

 以前「今日感ニュース」でも放送していただきましたが、今回は「実際の病児保育の現場」の映像も放送され、ご入会をご検討される際のご参考になったのではないかと思います。キーパーがどんな人なのか、自宅で保育を行うとどういう感じなのかといった部分は一番気になるところですよね。


 ご入会をご検討される方で、そのような「実際の病児保育の現場」にご興味がある方は、092-732-6128へお気軽にご連絡ください。  


Posted by 病児保育スタンドバイ at 16:15Comments(0)お知らせ

2015年01月14日

明日の「FBS NEWS5ちゃん」で放送されます


明日の18時15分からのニュース番組「FBS福岡放送 NEWS5ちゃん」で、当社が特集されます。

 クックチャムさんとの法人契約の様子や「実際の病児保育の現場」も今回は取材していただき、放送されます。ご入会にご興味のある方にとっては、キーパーが実際にお子さんを保育している様子は特に興味深いものになるのではないでしょうか。
是非ご覧ください。  


Posted by 病児保育スタンドバイ at 13:58Comments(0)お知らせ

2015年01月09日

福岡市職員厚生会にご推薦いただきました

新しい年となり、日常がそろそろ戻ってきましたね。

福岡はインフルエンザの流行の規模が全国的にも大きいと放送されておりましたが、みなさまは如何でしょうか。


さて、昨年のことではありますが、福岡市職員の福利厚生を担当されている「福岡市職員厚生会」からご推薦いただき、福岡市の職員の方々は一般の方より低料金でのご入会が可能となりました(おそらく2月中にはそのサービスを開始できます。その際には改めてアナウンスいたします)。
市の職員の方々のリクエストがあったようで、その上で当社を精査いただき、ご推薦いただけることになりました。

「子育てしながら復職する職員の苦労」その現実に行政が目を向けたということに、旧態依然とした風潮をこれから打ち破っていく時代の流れを感じますし、その流れの中に当社の「100%対応保証の自宅型病児保育」があることを誇りに思います。

「子育てしやすい社会作り」というのは、様々な社会保障問題があるなかで「一番の基礎」だと思います。
子育てしやすいということは、国の財政面でも個人の幸福の面でも基礎になるところでしょう。

個人の力ではどうしようもないことは、どうしても行政に頼ることになります。
これからも日本の中に、働くお母さんのことを本気で考えてくれる市町村が増えることを願います。

  


Posted by 病児保育スタンドバイ at 17:20Comments(0)お知らせ

2014年11月17日

初めてご利用された会員様よりメールをいただきました


先日初めてご利用された会員様よりメールをいただきましたので、ご紹介いたします。





 今日はお世話になりました。
 
 会員登録する前は「部屋も散らかっているし、掃除が行き届いていないし、留守中に来てもらうのは…」と思っていました。しかし事前の説明の時に「子どもにとっては、やはり慣れた家が安心する」と聞いて納得しました。
 上の子どもたちは、小児科内病児保育を利用していたのですが、慣れない場所で複数の子どもたちと一緒で、落ち着かない環境・他の病気に感染するリスクも」ありました。スタンドバイが戸皇子からあったら違っていたのに、と思います。

 初めての利用だったのですが、事前にファイルで(キーパーの)顔写真を見ていたので良かったです。お名前以外にも一言コメントと自己紹介があればさらに良いと思いました。
 朝出かかるときは泣いていましたが、帰ると(キーパーと)すっかり打ち解けていました。保育記録を見ても、一日しっかり見ていただいたのがわかりました。

 私が働いた日給より保育料金は高くなりますが、働いていく上で早々休めないので仕方ない出費と思います。
 Aさん(キーパーの名前です)ありがとうございました。また利用したいと思います。 





 以上です。

 会員様には小学生高学年の方もいますが、最も頻度の高いのは「お子様が幼児のころ」までと思います。
 
 スタンドバイの会員になられれば、もうお子様の発熱による急な欠勤に怯えることはなくなります。幼児期のみの「保険」とお考えになられては如何でしょうか。

 朝8時までのご依頼に100%対応保証のスタンドバイ「自宅型病児保育」で、お子様にもお母様にも安心な冬になりますよ。  


Posted by 病児保育スタンドバイ at 13:24Comments(0)保護者様の声

2014年11月10日

初めてご利用の会員様からお手紙いただきました

 スタンドバイの会員になられて、その後初めてご利用されたM様からお手紙をいただきましたので、以下にご紹介させていただきます。



 お世話になります。(中略)

 先日、病児保育を初めて利用させていただきました。初めてのことで、不安はあったのですが、1歳10か月の息子はすぐに打ち解け、私に手を振って見送ってくれました。今後は泣くこともあるかもしれませんが、大変優しく丁寧で、バタバタと私がまだ準備が整っていなくてもテキパキと応対してくださり、大変心強く安心して出勤できました。
 昼からバトンタッチした主人の母も「安心してお願いできる優しい信頼できる方ね」と、喜んでいました。
 今後緊急お迎えシステムが15時以降も大丈夫になり100%引き受けてくださるようになれば全く心配することなく仕事ができるのですが、システムが変わるようなことはないですよね。
 何はともあれ、入会して子どもを一日預かって頂けるようになったこと、本当に心強いです。これからもよろしくお願いします。




 直筆のお手紙でした。
 ありがとうございました。

 保育園への緊急お迎えサービスは「15時までのご依頼」で「100%対応保証」ではありませんが(通常の病児保育は8時までのご依頼に「100%対応保証」です)、12月から朝の保育開始時間を30分早め「7:30から」としています。
 今後もより会員様のご期待に添えるよう、改善して参ります。

 キーパーにとっては、このようなご感想をいただけることが何より励みになります。
 お忙しい中、わざわざお手紙を送って下さったM様、本当にありがとうございました。


  


Posted by 病児保育スタンドバイ at 13:12Comments(0)保護者様の声