2014年08月07日

救命救急講習を行いました

先日、キーパーみんなで救命救急講習を受けました。












実際に病児保育の現場で、救急車を呼んだことも、心肺蘇生を行うようなことも今のところありません。

しかし、講習で大切なのは「実際に心肺蘇生をする機会があるかどうか」ではなく「命の危うさと尊さを改めて感じること」だと思います。


保護者の方にとって心から安心できる自宅型病児保育であること、そしてお子様にとって、自宅でリラックスして過ごせる「一番快適な病児保育」であることを今後も追求していきます。


  


Posted by 病児保育スタンドバイ at 14:22Comments(0)お知らせ